FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リードオルガンと「専用椅子」

リードオルガンの椅子は、元々座面が傾斜していましたが、メーカー側のコスト削減で、
材質も形状も製造しやすい方向に転換したのです。
現在は、別注で作成することが可能です。
リードオルガンをご使用の形へ是非お勧めいたします。
お問い合わせは、シンカワピアノセンター迄 (06-6329-0517)

リードオルガンと、別注「専用椅子」
スポンサーサイト

リードオルガン専用椅子

リードオルガンの椅子は、ペダルを踏み込み易いように傾斜させているのが
本来の専用椅子でした。
メーカー側は、後期になってコストを抑える為に、上面が水平の椅子を販売
するようになり、非常に演奏しづらくなったと言われきました。

下記のように、別注でお作りいたします。
ご希望の方はシンカワピアノセンター迄、ご連絡ください。


リードオルガン専用椅子

リードオルガンのレンタル


 NHK大阪放送局からの要請で、ヤマハリードオルガン(No5型)を
レンタルしました。 録音本番前に演奏者の方とスタジオにて。


NHK大阪放送局にて
 


 シンカワピアノセンター 

足踏みオルガンを見直そう (1)


リードオルガンは、両足で「2枚」のペタル踏みながら、手鍵盤を押さえて演奏する
「生楽器」です。

最近の鍵盤楽器は、デジタル式の「電子楽器」が主流となってしまいました。
楽器に限らず、便利さと手軽さを追求する結果、生活全体が豊になった一面、一方
では物事の本質を知らされずにきました。

耐久性の長い、生楽器のピアノやオルガンは、再生出来るように作られていたので
すが、サイクルの短い、再生が効かない楽器を作る事で、商品の回転率を上げてき
たのです。

プロフィール

spc002

Author:spc002
クラシックオルガンのレンタルは、合唱団、交響楽団、アンサンブル等々にご利用頂いています。 パイプオルガンの代替楽器として活躍しています。 お問い合わせは ◆シンカワピアノセンター 06-6329-0517 迄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。